2016年07月30日

作品掲載 〜星襄一

51-2 100 星襄一 梢(赤) S48_M.jpg


星襄一 「梢(赤)」

星襄一の作品は背景に金泊を貼り込み、その上から木版画を摺っています。
装飾的な華やかさとモチーフの樹木の広がりが空間を演出して、とても美しく大らかです。
樹木を題材とした作品は海外でも人気があります。


ギャラリーそうめい堂 星襄一 HPへ
ギャラリーそうめい堂 トップページへ
posted by ギャラリー そうめい堂 at 13:40| Comment(0) | 現代版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

作品掲載 〜清親

35-3 no63 60 清親 千ほんくい両国橋m.jpg
清親 「千ほんくい両国橋」

隅田川東岸から下流を望む風景を描いています。 護岸のための杭を両国橋を縦断するように近景に大きく描くことで、画面に変化を与えています。私も好きな作品のひとつです。

ギャラリーそうめい堂 清親 HPへ
ギャラリーそうめい堂 トップページへ
posted by ギャラリー そうめい堂 at 11:53| Comment(0) | 明治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

作品掲載 〜吉田 博

43-4 170 吉田博 冨士拾景 馬返し S3m.jpg

吉田博「冨士拾景 馬返し」

 かつて登山者が乗ってきた馬を、俗世間と聖域である富士山の結界とされるこの地で返したことから「馬返し」と名付けられました。登山者はここから順次歩いて登っていったといいます。

ギャラリーそうめい堂 吉田博 HPへ
ギャラリーそうめい堂 トップページへ
posted by ギャラリー そうめい堂 at 13:54| Comment(0) | 新版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

作品掲載 〜国芳

10-4 35 国芳 源氏雲浮世画合 安部保名 天保14-弘化4m.jpg

国芳「源氏雲浮世画合安部保名」

 安倍保名は追われていた白狐を助けますが、その際に怪我をします。そこに葛の葉という女性(白狐)がやってきて、保名を介抱します。二人は恋仲となり、結婚して童子丸という子供をもうけます。
この童子丸が、陰陽師として知られるのちの安倍晴明です。



ギャラリーそうめい堂 国芳 HPへ
ギャラリーそうめい堂 トップページへ


posted by ギャラリー そうめい堂 at 13:14| Comment(0) | 浮世絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

作品掲載 〜広重

4-4 180 広重 往古うわなり打の図 嘉永5 (2)_M.jpg

広重 「往古うわなり打の図」

うわなり打ちとは、日本の中世から江戸時代にかけて行われた風習のことです。
夫がそれまでの妻を離縁して後妻と結婚するとき、先妻が予告した上で後妻の家を襲うというものです。
なんだか恐ろしいです。

ギャラリーそうめい堂 広重 HPへ
ギャラリーそうめい堂 トップページへ


posted by ギャラリー そうめい堂 at 14:03| Comment(0) | 浮世絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする