2016年11月29日

作品掲載 〜平塚運一

50-5 35 平塚運一 カナルの石橋、ジョージタウン ワシントンDC S38 ed80_M.jpg

平塚 運一      
平塚運一は昭和37年に渡米。活動拠点をワシントンD.C.に移し、アメリカ各地で個展を開くとともに版画の普及に努めました


ギャラリーそうめい堂 平塚 運一 HPへ
ギャラリーそうめい堂 トップページへ
posted by ギャラリー そうめい堂 at 18:18| Comment(0) | 創作版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

作品掲載 〜清水正博

48-8 60 清水正博 中央大橋 H10m.jpg
清水正博「中央大橋」

清水正博は小野忠重に誘われて「新版画集団」に参加します。そして、新版画集団解散後は再び小野忠重など5人で「造形版画協会」を結成し、作品を発表していきます。

ギャラリーそうめい堂 清水正博 HPへ
ギャラリーそうめい堂 トップページへ
posted by ギャラリー そうめい堂 at 11:40| Comment(0) | 創作版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

作品掲載 〜畦地梅太郎

120 畦地梅太郎 赤阿蘇山 S27 ed150m.jpg
畦地梅太郎 「赤阿蘇山」

「赤富士」は北斎の富嶽三十六景ですが、こちらは畦地梅太郎による「赤阿蘇山」。
真っ赤な山肌により、火の山の力強さが描かれている作品です。

ギャラリーそうめい堂 畦地梅太郎 HPへ
ギャラリーそうめい堂 トップページへ
posted by ギャラリー そうめい堂 at 13:14| Comment(0) | 創作版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

作品掲載 〜川上澄生

65 川上澄生デッサン 裸婦_M.jpg

川上澄生

棟方志功が版画家を目指すきっかけとなったのは、川上澄生が描いた木版画作品を見たことでした。
棟方は川上澄生の作品に大変感銘を受け、その後、本格的に木版画の制作を始めます。

ギャラリーそうめい堂 川上澄生 HPへ
ギャラリーそうめい堂 トップページへ
posted by ギャラリー そうめい堂 at 13:34| Comment(0) | 創作版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

作品掲載 〜下澤木鉢郎

31-12 10 下澤木鉢郎 湖上秋色_M.jpg

下澤木鉢郎 「湖上秋色」

下澤木鉢郎は美術誌発行所「中央美術」に見習いとして入社。石井柏亭と出会い水彩画を学び、またその弟子の平怏^一と出会い、版画の道へと進むことになります。
酒と旅を愛し、一年の半分以上を旅に終わらせることも稀ではなかった木鉢郎は、日本の版画が抽象化、前衛化する流れを嫌い、旅の中で出会った自然美を一貫して追求し、自画・自刻・自刷による作品を発表し続けました。

ギャラリーそうめい堂 下澤木鉢郎 HPへ
ギャラリーそうめい堂 トップページへ
posted by ギャラリー そうめい堂 at 12:22| Comment(0) | 創作版画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする